妊娠22週目・・・私のマタニティ生活を大きく変える出来事がありました。

夜中の3時半。お腹が痛くなり、旦那をおこして病院に向かい、診察を受けて先生から言われた一言目は「切迫早産ですね・・・。無理したの?危ないよ、コレ。」

先生の診断は「切迫早産」でした。
せっぱくそうざん??何それ?
「子供は大丈夫なのか?」そのことばかりを考えて・・・

これから続く、切迫早産の体験談をご紹介します。


「切迫早産」の私の経験が今後同じような状況のママになる方々に何か励みになったり役に立つのであればと思い、体験記を残すことにしました。

切迫早産とは?
「子宮頸管が短い?」
出産してもいいといわれている妊娠37週までは、絶対安静にしているように・・・

私は、どうすれば良いの?
これから先はどうなるの?
子供は無事に生まれてくるの?

色んな不安がよぎりました。
たぶん、切迫早産と言われた方は、皆さん同じような事を考えるのでは?

切迫早産になったときには、私も医学書やインターネットでいろいろと情報を仕入れました。
子宮頸管って何?長さがどのくらいなら大丈夫なの??

そこで私がどう言う風に過ごしていたか、どんな事を考えていたかという事などを、体験談としてご紹介します。



そして、ついに来た出産の日の感動・・・
とにかく赤ちゃんが無事でよかった・・・。
妊娠中はつらかったけれど、この日を迎えられてよかった。
本当にそう思いました。

切迫早産は、いつ誰がなってもおかしくありません。
原因はいろいろありますが、切迫早産は、ママのがんばりで防げるものです。

是非、がんばってください。
赤ちゃんの元気な顔を見ると本当にがんばって良かったって思えます・・・


後、私もそうでしたが、妊娠して最初に悩むことといえば、どこで出産を迎えようかという事ではないでしょうか?
一生に1度もしくは2度程の出産という大きな経験を迎えるにあたり、やはり自分の納得のいく出産をしたいと考えている人は多いはずです。

皆さんも、「自分の納得のいく出産」をどこでむかえるか、じっくり検討してみてください。
もちろん家に近いとそれにこしたことはないですが、雰囲気、対応、価格など、検討材料は多いはずです。

私は大阪ですので、大阪の産婦人科の病院をご紹介します。


カテゴリー

切迫早産とは
切迫早産とはどういった症状か?私が切迫早産と検査で診断されるまでについて。
切迫早産と子宮頸管
子宮頸管の長さと切迫早産についての関係。私の子宮頸管が短いことによる絶対安静の妊娠生活について。妊娠中の子宮頸管の長さとの戦い。
早産の原因
早産の原因として考えられること。感染症などの原因をご紹介します。
出産
出産前、出産、出産後の様子について。長かったマタニティー生活を振り返って。切迫早産についての思い。
産婦人科、病院選び
産婦人科選びについて。様々な条件があると思いますが、産婦人科選びは重要です。
大阪の産婦人科・病院
出産での病院選びの参考に、大阪の各区ごとの産婦人科をご紹介します。